HAWAIIAN JEWELRY 

                                                                                         とは

ハワイ最後の王朝「リリウオカラニ 女王」が

関係の深かった英国の「ヴィクトリア女王」の夫君の逝去を悼み

​ゴールドのバングルを作らせました

英国の喪中用ジュエリーの渦巻き模様(スクロール)を

デザインに取入れ「Ho'omana'o Mau」ーホオマナオ・マウー

ハワイ語で『永遠の思い出』と彫られていたそうです

これが最初の「ハワイアンジュエリー」の誕生とされています

​女王は常にこのバングルを身につけヴィクトリ王朝への

「想い」を忘れることはなかったそうです

ハワイの伝統的なジュエリーであるハワイアンジュエリーは

・代々受け継がれていくもの

・誕生日や記念日に家族や大切な人に贈るもの

・人生の節目などにつくる 

 

として愛されています

ハワイアンジュエリー

想いをつなぐ

ハワイに咲くプルメリアやハイビスカス

波のようなスクロールをモチーフに

贈る人、オーダされた方の「想い」を込め

一つ一つ手作業で彫っています

そして、日本に身近なハワイ

そのハワイの素晴らしい伝統が詰まったジュエリーを

・皆さんにもっと知ってもらいたい

​・身につけてハワイの伝統と繋がりを持って欲しい

・愛する人や家族との想いをつなげてほしい

という​思いから、現地ハワイで技術を修得し

彫ることを初めました

余談

日本に初めて来訪した国家元首はカラカウア王(1881年)

このころから日本とハワイは縁が深いんですね